読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低音好きの日々

眠い時に書きたい

羽田が近くなった

この週末はちょっくら東京へ行ってました。
神戸空港初上陸。楽しい。飛行機ってわくわくすんだよねえ。しかも新幹線より安いし。使う人が多いのもうなづける。
目的はうちの妹があるコンサートに出るのでそれを見に。魔笛をピアノとシンプルな舞台でやるという試み。日本という枠で見ても実力のある人の歌が聴けてよかったなあ。演出も面白かったし。

んで家族で横浜行ったりとか、あとこんなのも。
GARY BURTON QUARTET REVISITED featuring PAT METHENY,STEVE SWALLOW & ANTONIO SANCHEZ
我が心の師匠、スワロウ先生見たさに。いや、バートン先生とメセニーも見たかったけど!いや、凄かったすよ、これ。
(写真はイメージ検索してひっかかったやつ、ほぼ今回の面子の何年か前の姿ですが、、ほんまにスワロウなんかな?)

  • メセニーはいつものあの音色でした。時々曲中にギター持ちかえて何だと思ったらギターシンセもプレイ(これもよく聴く音色)。フットスイッチでオクターブ切り替えとベタな使い方でした。あと横縞シャツじゃなかった!(黒無地でした)
  • スワロウ先生はホロウボディの5弦でピック弾き。どうやらアップピッキングがメインの様で手数が多くなるとダウンと組合わしていたのが印象に残りました。

上に27日のセットリストが追加されてましたが、28日も恐らく一緒だったと思います。Gil EvansのLAS VEGAS TANGOをやるとは、、激シブ。Q&A聴きたかったな、、Like mindsもやってほしかったな、、